土地のお悩みを徹底解決

ブログ

2020.01.09 

ブログ

鑑定評価で必要な場面②


役所等の必要な場面は民間当事者では依頼場面はほぼないと思います。民間でまず思いつくのは、比較的多くの資産、特に土地を所有している個人が相続税の評価です。ただ土地、建物の評価では国税局が相続税路線価等で評価の基本的な指針を新聞等で見ていると思いますが毎年発表しています。この評価方法はルールに則って税理士が計算して評価して相続税申告のに使用します。特に個性のない不動産ならば、税務署は税金の取りすぎないよう保守的に評価し問題にならないのですが、個性のある(規模が極端にある、形状により建物が建てられない、付近に危険な物件がある等)土地で路線価評価では高すぎる案件では、鑑定評価で対応してい納税の申告に使用することがあります。以下次回で話します。


SHARE
シェアする
[addtoany]