土地のお悩みを徹底解決

ブログ

2019.10.13 

ブログ

鑑定評価について⑤


少し間が空きましたが、価格3面性の収益から求める価格(収益還元法)について説明します。収益不動産(アパート、賃貸マンション等)についてその不動産から上がる年間賃料を還元利回りでわった価格を収益性から考えた収益価格と言います。わかりやすく説明すると、例えば売買の広告などに1000万円でアパート売ります利回りは10%(年間収入100万)があります。この広告は価格は1000万円と提示しています。ここで、価格はわからなく年間家賃100万の収入が判明している場合その不動産いくらでしょうか?答えは100万÷10%=1000万円です。これが価格と賃料の関係です。ただ、いきなり10%の利回りで価格がでるといってもでは10%はどこから?と思われるでしょう。収益価格はその利回りによって大きく作用されます。一般に決定されて数字はなくその当時の経済状況、他の投資物件の利回りで判断しその説明責任によって鑑定士の力量が試されると思われます。あと100万円の家賃をそのまま採用するのでなく、その賃貸にかかわる費用の考慮しなければなりません。










SHARE
シェアする
[addtoany]